岡山は、日本の中でも自然災害が少なく暮らしやすいと言われているが、緊急車両の出動はかなり多い。

私たちが一人一人気を付けて、岡山にぴったりな防災に興味を持つことによって、被害を最小限にできる。大切な人の命を守るために、私たちが気を付けておくコツを、防災のことについてよくご存じの方にインタビュー!

私の家は大丈夫?

まずは、普段から近所回りを散歩して危ない場所を見つけておく。

市内のハザードマップを見たり、地域の安全マップ作成に参加するなどをして、自分なりに危険個所を把握しておく。自宅から一番近い避難場所を確認しておき、避難経路の実際の道筋をシュミレーションしておく。狭くて通路でなくなるところ、山崩れや木が倒れそうなところのチェックをしておくことも大事。

実際は避難場所に必ずしも避難しなくてはならないのではなく、自宅が安全なら自宅で避難。一番大事なのは財産ではなく身体、命だと強く思っておく。

今すぐできる家(部屋)での対策 チョイ足しグッズで安全に

●家の中での安全対策
・バリアフリーにして段差をなくす
・風呂場、脱衣所を温めてヒートショックを防ぐ

●火事の原因は建物火災、原因はたばこ焚火
・消火器を、よく火を使うところや家族がわかりやすい場所に置く
・防災訓練には積極的に出て、実際に練習をしておく
・住宅用火災警報器を設置する。
・外に避難しやすいように、部屋出入口に物を置かない

●地震対策
準備していて良かった防災グッズ
・天井と家具の間に突っ張り棒を使う
・家具の下に、クッションの入った固定材(百均で販売、下に踏ませるもの)を使う
・避難時のために自分の寝床近くにヘルメット、防災袋、長靴やスリッパを用意しておく
・家の中と外(物置)の複数個所に食糧などの備蓄場所を作っておく

知ってて良かった、早い対策で命を救う

●防災情報入手方法 有効な安否確認方法を知っておく
・テレビ・スマホ・ラジオ・インターネットで情報収集

エリヤメール(岡山市)に登録
・ご近所さんと普段から安否確認ができるようにコミュニケションをとっておく

●けがをした時に役立つ豆知知識
①応急手当の前に、まずはけが人の観察(呼吸の確認)
②近くの人に助けを求める(一人で対応しない)
③救急車を頼む
④AEDの活用 公的機関やコンビニなどに設置(普段から講習を受けて体験をしておく)

●おちついて119番、事前に伝えることをメモ
・火事?救急?
・住所場所 目標物
・事故?けがの種類、病気?その他のこと
・患者さんの状態 性別と年齢層(冷蔵庫内に情報カプセルがある場合も)

電話をするなら家電の方が良い、119番ですぐに住所がわかってもらえる
携帯電話は患者のすぐそばから電話できるが、住所がわかる目標物を伝える必要がある

まとめ

日頃からご近所さんとのコミュニケーションをとり、避難訓練に参加することも大事。もしもの災害のためにどう行動すればよいかを、何も起こっていない今だからできることがたくさんあった。自然災害から人災への二次災害にならないように、知識を付けておく必要があると思った。

※掲載情報は執筆当時の情報であり、現在は変更になっている恐れがございます。予めご了承ください。