「高の原って京都?それとも奈良?」

奈良市の北端に位置する高の原は小高い山に作られた新興住宅地。比較的雨が少なく、よく晴れた日は爽やかな青が空一面に広がって、人々を和やかな気分にしてくれます。そんな高の原にあるパン屋さん「ソライロベーカリー」は2015年11月にオープンし、今はもうすっかり街の人気店です。

空色の屋根と茶色の扉と窓枠、メルヘンチックな外観でお出迎え

ひとたび足を踏み入れると、あたたかい「いらっしゃいませ」の声とカウンターに並ぶ香り豊かな焼き立てパン、その隣で黙々と作業をこなす店長に迎えられます。

「お客さんとの距離が近いので、おいしいや頑張れって声がダイレクトに聞こえます。どんなパンを食べたいのか直接聞くこともあります。」

寡黙に見えて接客好きな作り手から生み出されるパンとは?

パンを焼くとワクワクします。お客様にもワクワクして欲しいんです

店長曰く、「毎日約50種のパンを並べています。ぷっくりまん丸とした形とモチモチ食感のベーグル。茹でて焼いてと手間はかかるけどぜひ味わって欲しいです」とのこと。

筆者おすすめは外パリ中フワの「パン・ド・ロデヴ」。トーストやサンドウィッチにしたりシチューに添えたりと食べ方も豊富。ロデヴの登場を待ちわびて一度に数個買って行く人もいて、売り切れ必至です。

地元で収穫された新鮮で旬の食材を取り入れるのも美味しさの秘密

地元で採れたさつま芋を餡にした「おさつフロマージュ」、大和特産いちじくをラム酒に漬けて練りこんだフランスパン、奈良の里山の平飼い卵をズシンと乗せたハム・エッグなど、奈良特産を豊富に取り入れたこのお店ならではの品々。こだわり食材を使ったパンは食べてみる価値ありです。

まとめ

奈良市内の農産物直売所やイベントにも参加されています。空色にS字のロゴを見つけたら是非立ち寄ってみてください。かわいいパンたちにきっとワクワクしますよ!

【アクセス】
奈良市左京2-3-1 ローレルスクエア高の原5番館
左京六丁目バスロータリー内
【Facebook】
「ソライロベーカリー」で検索

※掲載情報は執筆当時の情報であり、現在は変更になっている恐れがございます。予めご了承ください。