歴史ある四季折々の表情が魅力的な街、奈良市。歴史を感じさせる街並みが広がる反面、今、「新しい働き方」への取り組みが広がりつつあることはご存じですか?都会の喧騒を忘れ、ゆっくり奈良生活を楽しみながら、新しい働き方をしてみませんか。

時間と場所の制約がなくなるフリーランスという働き方に着目した、株式会社Women’s Future Center(以下WFC)代表の栗本恭子さんに、「奈良市で見つける新しい働き方」を伺いました。

WFCとは?
「奈良」「女性」「仕事」に着目した女性起業家 栗本恭子さん

WFC代表である栗本恭子さんは、元々地域の子育て支援ボランティア活動をしておられました。その活動の中で知り合ったお母さん達の秘めたスキルに驚かされた、とのこと。

実は語学が堪能、デザインの仕事をしていたなどキャリアのある女性が、結婚・出産を機に退職。専業主婦率全国1位の奈良はそんな人材が眠る宝庫である、と実感されたそうです。この輝く人材こそ地域の力になる、子どもがいても力を発揮できる場を作ろう!とWFCを起業されました。

実は栗本さん自身も専業主婦時代に、日々子育てに奮闘しながら、働きたいけれど働けなかった経験があったそうです。情報誌の編集者になりたい、というかつて抱いた夢を思い出し、一念発起。奈良市主催の情報誌編集者育成セミナーを受講し、ライターの世界に飛び込みました。

子育て世代向けフリーペーパーの記事から始まり、地域情報誌や全国の自治体のブログ記事などを手掛けるまでにスキルアップ。フリーライター兼フリーウェブデザイナーとして活躍されました。フリーランスで働きたい女性の見本のような経歴をお持ちの栗本さん。そんな栗本さんをトップにWFCは働く女性と企業のコーディネーターとして、リアルに繋がりあえるネットワーク作り、をモットーに働く女性を応援しているのです。

総勢360名以上をサポート!その中で特に印象的だった女性は?

創業以来、人と人とを結びつけ、たくさんの女性の夢を形にする支援してこられましたが、その中でも特に印象的だった方はどんな方なのでしょうか?

「アレルギーに悩む自身の子どもの為に、自宅でパンを焼いていたKさんかな。自分のパン工房をオープンさせたい、という長年の夢を実現させました。ならまちにあるパン工房は、Kさんの希望で、家族を優先しながらの営業なんです。天然酵母を使った体に優しいパンは大人気で、私も大好きですよ。」

「あと、1人目のお子さんが小さい頃から働きたい!という熱意のあった女性、Oさん。出産前は歯科衛生士として歯科医院にお勤めでしたが、明確な目標を持ち、フリーランスの道を選ばれました。現在は3人の子育てをしながら、フリーランスの歯科衛生士として活躍していますよ。」と嬉しそうにお話してくださった栗本さん。

自分の「得意」を武器に第一線で活躍中のKさんOさんをWFCは現在も継続して見守っている、のだとか。長期的にサポートできる体制は、民間ならではの最大の魅力です。

移住希望者に向けてメッセージ

「奈良市は近辺の都市に比べ、自然が多く物価も安く、非常に住みやすい街です。移住して、働き口はあるのだろうか?と不安を抱えていらっしゃいませんか?WFCがコーディネーターとして、あなたの不安を解消しますよ。」と心強いメッセージを頂きました。

WFC会員登録に来る人には、必ず30分以上話を聞くという栗本さん。会話の中から、その人を深く知り、隠れた才能や魅力を引き出します。自分が思う「得意」と人が気付いてくれる「魅力」を合わせれば、最強の武器になります。経験豊富なWFCが子育て真っ最中の女性の「働く」を全面サポートしてくれる安心感が奈良市にはあります!

まとめ

奈良市に移住して、自分の「得意」を活かしフリーランスで働くという選択肢。働き方も生活スタイルに合わせて選べる時代です。家族を優先しながらも、「母」以外の居場所・価値を求める女性たちのサポートをしたいという熱い思いがここにあります。奈良市であなたの新しい生活始めてみませんか。

株式会社Women’s Future Center
●〒630-8122 奈良県奈良市三条本町3-9アモールビル1階
●0742-26-5166
●URL: http://wfc-wa.com/
●FB: https://ja-jp.facebook.com/WomensFutureCenter/

※掲載情報は執筆当時の情報であり、現在は変更になっている恐れがございます。予めご了承ください。