『自分薬局西大寺』と『あぐりーと 野菜とくらし』が開催している『さいだいじマルシェ』は、奈良で採れた新鮮な野菜をはじめ、焼きたてパンや、採れたての卵などを販売し、地域の方とのコミュニケーションを大切にしているマルシェです。健康を考えるきっかけや、希薄になりがちな人と人との繋がりの大切さを改めて感じさせてくれるこちらのマルシェに足を運んでみてはいかがでしょうか。

思わず立ち寄りたくなるおしゃれな雰囲気です♪

月に1回、自分薬局西大寺の駐車場に、特設マルシェが作られています(2019年11月現在)。

この日も、たくさんのお客様が来ていました。賑やかで活気あふれる雰囲気は思わず立ち寄りたくなります。あぐりーとのお野菜をはじめ、パンや卵など数店舗が出店しています。お店の方と楽しく会話をしたり、見たりするだけでも十分楽しめます。

11月のテーマの野菜は『日の菜』。残念ながら天候の影響で十分育っていないそうで、この日は瓶詰めされたピクルスでしか見ることができませんでしたが、その他の奈良の新鮮なお野菜がたくさん並んでいましたので、とても満足できました。

家庭料理の基本である「一汁一菜」で心豊かに

マルシェの中で、ひときわ漂ってくるいい香り。一緒に行った娘と思わず食べたのは、こちらの具だくさんのお味噌汁です。

4歳の娘は「温まるね~美味しい」と大絶賛。外で食べると一層美味しく感じるのは不思議ですね。子どもは正直です。お野菜の甘味がお出汁に出ていて、余計なものが入っていないシンプルなお味。その優しくまろやかな味に心がホッと和みます。いりこだけで出汁を取り、数種の根菜と、お揚げ、ほんの少しのお味噌だけで作ったそうです。

近年、目新しいごちそうやメニュー、インスタ映えばかりの手の込んだ料理などが目立ちますが、作り手もストレスなくシンプルに、かつ身体に届く素材の栄養。具だくさんお味噌汁に、お漬物などの一菜があればもう十分なんですよ、と主催者の方が熱く語っておられました。本当に美味しかったので、ぜひ食べてみてくださいね♪

葉っぱまで新鮮そのもの。富雄産のニンジンを購入しました

数々のお野菜の中から、ひときわ新鮮な長い葉が目立っていた富雄産のニンジンを購入しました。栽培期間中、化学農薬化学肥料を不使用、有機質肥料100%で作られており、ニンジン特有の臭みが少なく食べやすいのが特徴だそうです。

生産者の方に食べ方を伺うと、葉っぱはふりかけにするのがオススメとのことでしたので、早速自宅で、ふりかけに。ニンジンの部分は素材の味がよく分かる塩肉じゃがを作ってみました。普段ニンジンを食べない娘も「これだったら食べられる!」と笑顔になってくれました。これを機に克服に繋がるかも⁉と期待しています。

まとめ

当初、大人の興味で立ち寄ったこちらのマルシェですが、普段スーパーでは売っていないお野菜を子ども一緒に見て楽しんだり、その場で食べたりすることで、子どもにとてもよい刺激になったようで大変満足しました。今回の経験で、野菜嫌いも克服できるといいなと期待しています!

※掲載情報は執筆当時の情報であり、現在は変更になっている恐れがございます。予めご了承ください。