結婚を機に大阪から奈良に移住し、奈良市にある「奈良デザイン協会」が主催する、広告デザインアワードに応募した事をきっかけに独立しました。独立したのは良いものの、どうすれば仕事を獲得できるのかを模索してゆくなかで、奈良でデザイン会社やフリーランス・クラウドソーシングをされている方々とつながってゆき、一緒に仕事をする日がやってきました。

結婚を機に大阪から奈良へ移住。その先にあったのは…

大阪でデザインの仕事をしていましたが結婚を機に、自然やおもしろスポットの多い奈良県生駒市に移り住みました。当時は、毎日大阪へ通勤していましたが、
「奈良に住んでいるのだから、奈良で働きたい」
「もう少し、自分達らしい生き方をしたい」という想いは日々強くなるばかり…
そんなある日、奈良市にある「奈良デザイン協会」が主催する「奈良GALA」という広告デザインアワードで作品募集をしているのを知り、応募してみました。

そこから、運営事務局をされていた広告デザイン事務所epoさんとの交流が始まり、奈良GALAのWebサイトで、私を「奈良県で活躍するクリエイター」として紹介して頂くことに。

奈良のクリエイターとして紹介していただいたからには、もうこのタイミングで奈良でデザインの仕事をしよう!と決意し会社を辞め、個人事業でデザイン事務所を開業すると共に、私のフリーランスチャレンジが始まりました。

念願の奈良で独立!さぁ、仕事はどうしよう。

しかし、独立したてで仕事はありません。営業は未経験で苦手。ただ待っていてもお金は減る一方。

そこで、急いで個人事業のホームページを立ち上げ、インターネット上でお問い合わせを頂ける環境を作りはじめめあした。それとともに、フリーランスという働き方のコツを掴むため、奈良市×Lancers主催のなららワークに参加したり、クラウドソーシングやフリーランスへの案件紹介サービスを利用して、情報や仕事を仕入れていきました。

同時に、お世話になった奈良デザイン協会に入会させていただき、奈良でデザイン活動をされてきた先輩方と出会うことができました。

奈良での人とのつながりから、一緒に仕事ができる機会が生まれた。


そんなある日、ホームページから大和郡山市にある訪問看護施設のパンフレットデザインの依頼をいただきました。初めて奈良のお客さんから仕事の依頼を頂けて、本当に嬉しかったです。そして、デザイン協会の先輩に奈良市でフリーランスカメラマンをされている「古都クリエイト」さんを紹介して頂き、パンフレット用の写真撮影を依頼することが決まりました。

奈良で仕事を通して出会った皆さんは「奈良を良くしていきたい。」という想いを持って仕事をされています。そのため、皆さんとても親身になって協力してくださいました。こうして、「奈良でつながった仲間と、奈良のお客様の仕事をする」日がやってきました。

まとめ

奈良は人も街も穏やかで自然も文化財も多く、住むにはとてもすばらしい環境です。しかし、興味があっても仕事の事を考えると移住は不安という方もいらっしゃると思います。私もそうでした。

しかし最近は、クラウドソーシングやリモートワークのおかげで働き方の可能性が広がっていますし、頑張っていれば協力してくれる方が必ず現れるので、興味がある方にはぜひチャレンジして頂きたいなと思います。

※掲載情報は執筆当時の情報であり、現在は変更になっている恐れがございます。予めご了承ください。