週末、家の中で走り回る子どもたちをどこかに連れていきたい!でもお金はかけたくない、できれば勉強にもつながったらいいな…という欲張りなあなたにおすすめのスポットがあります。

場所は奈良市。そこには遊びながら学べる無料の公共施設がありますよ。今回はその中から3施設を紹介させていただきます。

「はぐくみセンター」で実験・工作・プラネタリウムを体験

「はぐくみセンター」とは奈良市保健所・教育総合センターの愛称。ここでは週末、無料でプラネタリウムや子ども向けの講座を体験できます。

講座は、プログラミング・科学実験・宇宙や工学、芸術等にまつわる工作教室など多岐にわたります。受講には申し込みが必要で人気の講座は抽選となりますが、当選するとかなりお得です。今人気の習い事である科学系やプログラミング教室に通うとなると、月謝も高いし躊躇しますよね。でもちょっと学ばせてみたいという人にはここは必見です。

プラネタリウムは1日3回上映され、先着40名限定で見ることができます。近くに公園もあるので、上の子はお母さんと講座に参加、下の子はお父さんと公園へという遊び方もできますよ。

「奈良町からくりおもちゃ館」で昔のおもちゃの不思議に迫る

ここのおすすめポイントは、明治23年に建てられた伝統的な建物の中で、復元された江戸時代以降のからくりおもちゃで自由に遊べることです。

庭には四季折々の花が植えられており、縁側からの眺めや建具も素敵でほっこりします。スタッフの方がいるので、遊び方を教えてもらいながら大人も一緒になって遊べます。おもちゃがからくりだけで動いているので、大人もその不思議さに引き込まれて夢中になりますよ。

また、毎月1回からくりおもちゃの製作体験を実施しています。こちらは有料ですが参加費は数百円ですので、小学生以上で工作好きなお子様はぜひどうぞ!

「平城宮跡歴史公園」では広大な敷地と設備に圧倒

「国営平城宮跡(へいじょうきゅうせき)歴史公園」は、平城京(へいじょうきょう)について楽しく学べる施設が無料で開放されている点と、広大な敷地でのんびり遊べる点がおすすめです。

平城京に都があった時代の事を映像で学べるVRシアター、乗船できる復原遣唐使船(ふくげんけんとうしせん)など立派な施設が多数あり、子どもでも平城京について体を通して楽しく学べる工夫がされています。各建物にはボランティアガイドさんが常駐され、詳しく説明をしてくれます。

有料ですが子ども向けのワークショップが随時開催され、季節ごとに大規模なイベントも催されています。また、冊数は多くないのですが、自由に読める絵本や大人向けのこだわりのある本が置かれているコーナーもあります。外で遊ぶなら家族連れでサッカーやバドミントン、サイクリングを楽しんだり、冬には凧揚げをしたりする事もできます。

風と空の広さを感じながら外でお弁当を食べるのは開放感抜群で、都会では味わえない心地よさです。ここで開催されるイベントを調べる場合は、ホームページを参考にされることをおすすめします。検索キーワードは、「国営平城宮跡歴史公園」、「平城宮跡歴史公園 朱雀門ひろば」です。

まとめ

奈良市には、歴史や学びを無料で楽しむことができるさまざまな公共施設があります。
今回ご紹介したこれらの施設では奈良の歴史や自然を感じ、未来を想像することができます。
まずは行ってみてはどうでしょうか!