古都、奈良は大仏とシカがとにかく有名。京都のような派手さはないけれど、自然豊かで歴史的な建造物が多く、観光も楽しめる、ほどよい田舎でとても住みやすい街です。休日にはのんびり、ゆったり「ならじかん」を過ごしてみませんか。

野生のシカもお出迎え、絶景ポイント「若草山(わかくさやま)

奈良最大の展望スポット「若草山」。奈良市街が一望出来てとっても見晴らしがいい山です。

ドライブウェイ(有料)があるので車でぶーんと一気に山頂近くまで行くこともできますが、四季折々の自然を楽しみながら自分のペースで登れるハイキングがおすすめ。野生のシカたちも出迎えてくれますし、ちょっとした達成感も味わえます。

“山”といっても本格的な装備は不要で、体温調節ができる、動きやすい普通の服装などで気軽に行けるのがいいところ。また、ハイキングコースは舗装されていて歩きやすく、コースによっては30~40分ほどで山頂に到着します。

到着するとそこにはもう、見渡すかぎりの絶景が。目の前に広がる素晴らしい景色と、大きな空を流れていく雲、自然の音だけをただただ全身で感じてもらえます。ちょっと味わった達成感も、さわやかな汗も、日々の疲れを癒してくれます。あとは、好きなお弁当をほおばりながら、心ゆくまでの~んびりと過ごしましょう。

登山ゲートまでの行き方は、近鉄奈良駅から歩いていく方法、バスで近くのバス停まで行く方法があり、ハイキングコースも「北ルート」「南ルート」があります。奈良県のホームページを参考に、いろいろな組み合わせを楽しんでみてはいかがでしょうか。

【入山料】
大人(中学生以上)150円
小人(3歳以上)80円
※詳しくは奈良県のホームページをご覧ください。

ほっとひといき「やさいパンのみせ・まちのカフェVIVO(ヴィーボ)」

近鉄奈良線、新大宮(しんおおみや)駅から歩いて北に10分くらい、ハローワークの近くに「やさいパンのみせ・まちのカフェVIVO」があります。

手作り野菜ピューレが入った野菜パンが人気のお店。筆者の子どももココの野菜パンがだぁ~いすき!見るとすぐに「はやくちょうだい!」と手をのばし、まあるい野菜パンをぱくぱくぺろり。野菜のクセはなく、ふんわりやさしい甘さで、朝食にもランチにもあいます。

また、野菜ピューレを混ぜこんだパンで作ったサンドイッチも絶品。具材にもたくさんのお野菜が入っていてカラダも喜ぶこと間違いなし!筆者のお気に入りは「蒸し鶏ときんぴらのサンド」。鶏がとてもやわらかく、きんぴらとの相性抜群!これがまたやさしい味わいで、もう、たまりません。

今回はテイクアウトしていますが、お店にはイートインスペースもあり、ランチメニューやスイーツなどもあります。そして値段もリーズナブル。お財布にもやさしいです。

ちょこっと寄り道「大和西大寺(やまとさいだいじ)駅の展望デッキ」

大阪、京都にもアクセス便利な近鉄・大和西大寺駅。構内にある商業施設の奥には、鉄道ファンもそうでなくても楽しめる「展望デッキ」があります。ここでは次々に電車が行き交う様子を上から見下ろすことができます。

外に作られているので、電車の音や線路の音などが聞こえますが、案外、せわしさもやかましさも感じることなく、設置されているポールに腰を掛けてコーヒーを飲みながらぼ~っと眺める、なんてことができます。抜けていく風も心地いい…ここでもそんなちょっとした「ならじかん」を過ごせます。屋根もあるので雨でも大丈夫です。

また、展望デッキの前面が大きなガラス塀になっていて写真が撮りやすく、小さなお子様でも見やすいようになっています。入口の手前は引き戸ですが、展望デッキへの入り口は自動ドアで段差もなし。ベビーカーでそのまま入ることもできますよ。

「展望デッキ」の利用は無料ですが、改札内にあるため、電車の利用がない場合は入場券が必要です。でも、構内の商業施設で使えるサービス券付き入場券があるので、展望デッキ利用後においしいものでも買ってお出かけしてもいいかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?ほどよい田舎でとても生活しやすい奈良市。大阪にも京都にもアクセスしやすく、通勤、通学にも便利です。そのうえ、なんとな~くゆる~く過ごせる「ならじかん」がここにはあります。

今回ご紹介した場所以外にも、おすすめの散策場所やおいしい店がたくさんあります。奈良市であなただけの「ならじかん」見つけてみませんか?

※掲載情報は執筆当時の情報であり、現在は変更になっている恐れがございます。予めご了承ください