奈良と言えば桜を思いつかれる方も多いのではないでしょうか?近鉄奈良駅から程近い場所にある奈良公園は、近隣に春日大社、東大寺や興福寺もあり、多くの観光客が訪れる奈良でも屈指の観光地です。四季折々美しい姿を見せてくれる奈良公園ですが、特に桜の季節の景色は格別!広大な奈良公園の中で、家族で楽しみながら美しい桜を見ることができるスポットをご紹介します。

家族でのんびり過ごしながら桜を見られる!春日野園地

東大寺へと続く参道の横に広がる春日野園地では、桜の季節になると多くの家族連れがお弁当を持ってお花見に訪れます。広大な芝生の園地には美しいソメイヨシノが咲き誇り、奥では東大寺大仏殿との共演も楽しめます。また、東には若草山も顔を覗かせます。

広々とした空間ですので、桜の季節でも人で溢れかえるということはありません。お花見を楽しみながら子どもたちは自由に遊び回れます。のんびりとした時間と見事な景色をぜひ満喫してみてください。ただし、お弁当を持参される場合はどうぞ鹿にご注意を!

桜と橋のコラボが素敵!鷺池(さぎいけ)の浮見堂(うきみどう)

春日大社へと向かう参道の南側に位置する鷺池。その水面には浮見堂が誇らしげに佇(たたず)んでいます。こちらでは橋のすぐ側で咲き競う桜が圧巻の情景を見せてくれます。そのあでやかな景色を背景に結婚式の前撮りもよく行われており、外国から前撮りを撮りに来られている方もいらっしゃるほど。

池に映る桜もまた素晴らしく、水面に浮かぶ花びらも風情を感じます。こちらの景色を眺めていると気付かない間に時間が過ぎてしまっていた、なんてことも。奈良公園の他のエリアでは鹿と触れあえますが、こちらでは座って穏やかに景色に見入る時間を楽しんでもらえるはずです。

鹿と戯れながら桜が楽しめる!飛火野(とびひの)

浮見堂と道路を挟んで位置する飛火野は、ナチュラルホルンの音色で鹿を集める「鹿寄せ」が行われることでも有名です。そのためこちらでは頻繁に鹿の群れを見ることができます。広大な芝生が広がっており、特に緑が眩く感じられる場所でもあります。芝生の緑が桜のピンクをより鮮やかに映し出して本当に綺麗です。

こちらでは子どもたちが鹿との時間を思う存分味わうことができます。走っても走っても広大な芝生が続くので、筆者の子どもも鹿との追いかけっこを存分に楽しんでいました。ぜひ鹿せんべいを持参して訪れてみてください。瞬時に鹿に囲まれること間違いなしです!

まとめ

いかがでしたか?奈良公園では様々な桜の風景を楽しめますが、特に見ていただきたい景色を3つご紹介しました。ぜひ桜の季節にはご家族で奈良公園を訪れて、奈良ならではののびのびとした緑と愛らしい桜、そして鹿との時間を楽しんでみてください!

※掲載情報は執筆当時の情報であり、現在は変更になっている恐れがございます。予めご了承ください。