薬師寺・唐招提寺の最寄り駅、近鉄西ノ京駅前にはレンタサイクルが用意されています。古都奈良の史跡はあちこちに点在しています。

もちろん歩くのもいいですが、古い町並みの隠れたスポットを自転車に乗って効率よく快適に、ぐるっとまわってみませんか?

「離宮ケ丘(りきゅうがおか)」
地名の由来はその土地のプロフィール

近鉄西ノ京駅から西へバス通りを進むと住宅地「離宮ケ丘町」があります。

平城京に都があった時代、女帝孝謙天皇の離宮「瑠璃宮(るりきょう)」がありました。その名残で現在の地名になりました。今は石碑しかありませんが、地元の人たちに手入れされ、ありし日が語り継がれています。

薬師寺を撮るなら!
タクシー運転手さんおススメスポット「大池」

離宮ヶ丘からバス通りをさらに進むと「大池」があります。若草山や東大寺の屋根をバックに薬師寺3棟きれいに収まり水面に薬師寺の姿が映ることも。(写真は平成29年撮影。東塔改修工事中。平成32年の6月頃に完了予定)

撮影スポットとして、知る人ぞ知る有名どころです。山焼きの時には交通規制がはられるほど。ポスターにも採用されています。

海なし県に船着き場!?日本最初の都城内の官営市場

近鉄西ノ京駅から秋篠(あきしの)川沿いの自転車道へ向かい、大和郡山市方面へ進むと「平城京西市船着場跡」があります。

平城京では運河を使って物資を運んでいました。秋篠川は、その当時国営市場の物資運搬の水路として人工的に作られたものです。

まとめ

日本史の教科書に載っている名所だらけの奈良。史跡を巡り、いにしえの世界に思いをはせてタイムトラベルしてみましょう。

近鉄西ノ京駅以外の駅にもレンタサイクルが用意されています。事前に問い合わせしてみてくださいね。

※掲載情報は執筆当時の情報であり、現在は変更になっている恐れがございます。予めご了承ください。