DSC_4310

みなかみ町さすらいワークに再びきちゃいました! フリーランスとしての技術を一宿一飯の恩義として提供するこのプロジェクト。前回作り上げたプランをもとに、WEBのランディングページを作るべく、今回はワイヤーフレームと、ライティングを納品するのがミッション。全体プランを作り上げた思い入れもあり、続きを作りに「蛍雪の宿 尚文」へ、再びお邪魔させていただきました。今回は、より具体的に滞在の様子をお伝えしてみます!

新幹線を乗り換えて、みなかみ町の街中へダイレクトにアクセス!

DSC_4254

今回は上越新幹線・高崎駅で下車したら上越線へ乗り換えて、JR水上駅に来てみました。上越新幹線の上毛高原駅とはまた一味違う雰囲気で、駅を降りれば、The温泉街なムードがいっぱいです。そして今回はウインターシーズンで、除雪されていない場所はあたり一面の雪!!! 海沿いの暖かい町で暮らす私は見慣れない光景に大興奮。

DSC_4259

もちろん、はしゃぎました。一度やってみたかった!未踏の雪の上!やはり、海の町から山の町までさすらってきたあかつきには、子供のころからの夢を叶えられずにはいられません。みなかみ町到着30分にして、かなり満足。

さて、こんな風に駅付近を散策するのも楽しいのですが、尚文のバスが来るまでにはまだ少し時間があります。まずは「Sumika Living(スミカリビング)で腹ごなし(がおすすめでしたが、今回はお休みでした!残念。オーガニックフードを楽しむことができる、カフェレストランです)。

DSC_4272

駅前にある、コーヒーショップ「珈琲亭しなだ」も素敵なお店です。優しいオーナーご夫婦が入れて下さるコーヒーは絶品。メールチェックなど、本日のお仕事をバリバリ進めていきます!

図1

15時に水上駅前に来る尚文の送迎バスにのりこんで、いよいよお宿にチェックインです。

安らぎの空間で「集中」と「くつろぎ」を体験する。お宿を楽しむ。

DSC_4286

ウインターシーズンは、お宿も雪に囲まれて趣がさらに深まっていました。温泉も楽しみです。

図2

お部屋での過ごし方は実に気まま。備え付けのビジネスデスク&チェアでさくさく仕事を進めるもよし。お部屋に完備されている露天風呂はこだわりの「ぬる湯」、ここでじっくり思考するもよし。ごろごろ脱力するもよし。日ごろはなかなか読めない本を読んでみるもよし。自分だけの特別な空間で集中とくつろぎを体験することができます。尚文のお部屋は、天井の高さや広さが実に快適です。安心を感じられる空間に、包まれるよう。私も時々都市部のビジネスホテルにこもってみることがあるのですが、この尚文のお部屋にある「安心感」を感じることはありません。普段の生活で得難い特別な時間は、ぜひ一度体験していただきたいものです。

将来は、こんな仕事場を自分の家にもってみたいものだなぁ、と一人未来に思いを馳せるのでした。

図3

お部屋のみならず、館内にも心地居場所がいくつもあります。日当たりのよいサロンや、熱めのお湯のお風呂、日本酒を楽しめるスペースもあります。

やっぱり欠かせないのは、「食」。都市部で忘れかけていたもの

もちろん、今回もかなり楽しみにしてきました尚文のごはんです。冬場にも関わらず、「群馬県産」にこだわったさまざまな食材が並びます。どのお料理にも、過剰な味付けはなく、素材の味をしっかり楽しむことができます。そして毎回感動してしまうのはやっぱり野菜。甘く、よい意味で土臭く、生命力あふれる大地の恵みを舌で味わうことができます。川魚やお肉ももちろん群馬県産。仕事がよい感じで進んだので、自分へのご褒美として地ビール・谷川岳をいただきました!すっきりとした飲み口がお料理にとても合います。

DSC_4414

図4

いよいよプレゼンテーション。こんな風に「蛍雪の宿 尚文」を体験して欲しい!

翌日は、いよいよ阿部社長へのプレゼンテーションです。すっきりと早起きをしたら、贅沢にも朝風呂を楽しみます。しっかりと朝食をいただいて、最後の仕上げにとりかかります!そして出来上がった今回のワイヤーフレームの一部がこちら!

キャプチャ11

みなかみ町尚文で、都市部では体験できないさすらいワークを、「MINAKAMI Workation 」と名付けてみました!

15975132_10206864657689049_1921376743988611034_o

日本中、いや世界中のフリーランサーに愛される場所になりますように。そんな気持ちでまとめています。

16112571_10206864658489069_4988808513955367942_o

ミッションも無事完了。今回も、ばっちりしっかりお宿を満喫させていただきました。仕事に煮詰まったら? あるいは仕事とともにご褒美もかねて? 「蛍雪の宿 尚文」でのさすらいワークは自由に働く私の選択肢の一つとして、すっかり定着してしまいました。

 

【みなかみ町さすらいワーク事務局 一般社団法人コトハバ 都丸より】

無事、2回目が終わりました。ヒアリング、プランニング、そして、ワイヤーフレームとライティングまでが、これで仕上がりました。デザイン編は2月20日、21日で申し込み多数で締め切りましたので、コーディング編を募集いたします。

当日までに仕事を終わらせていれば、3月21日、22日はちょっとした手直しだけでOK。尚文さんを目一杯、満喫していただけます。リクエストがあれば、事務局都丸が素敵なスポットをご紹介いたしますね。

日時
3月21日(火)チェックイン (10:30頃みなかみ駅)
3月22日(水)チェックアウト(10:10頃みなかみ駅で解散)

課題

2月21日に納品されるデザイン素材、写真素材、ライティング素材をベースに1枚もののコーディングを行うこと。

仕様

PC、スマホ対応

応募される人は下記までお願いします。詳細をお知らせいたします。
Facebookページに参加!
お問い合わせメール:mail@gunmachiiku.com

この自治体へのさすらいワークのエントリーはこちらから受け付けています。

さすらいワーク詳細ページ